意気込みがトラウマに

30代/男性
職歴:6年/辞めた病院での勤務:1ヶ月
消化器科で働いて7年目の男性看護師です。今年度から教育担当者になりました。

辞めた病院はクリニック

入院施設のない整形外科のクリニックで働いていました。

院長の性格がきつい

院長の対応の仕方がひどかったです。職場が自分の力を発揮できる環境ではなかったことが原因でしょう。
また、休みも半日休みが2回で1日分と日曜日でトータル2日といった感じでした。夕診の時間も3時間あったので、長い勤務時間でした。
更に通勤距離も45分ほどかかり、負担になっていたことも起因していると思います。

働き続きるのがもったいない

明らかに自分に合っていない職場だったので、辞めて時間を有効に使いたかったので辞めました。

退職の意を

副院長兼事務長に朝一、他のスタッフが出勤する前を選び伝えに行きました。

見られたくなかった&知られたくなかった

内容よりも、とにかく誰にも見られない場所で退職の意を伝えることが私には重要でした。

伝えた後は解放された

つらい気持ちから一気に解き放たれ、とてもすっきりしました。

スムーズな退職手続き

退職の意を伝えた時にその場で退職の許可をもらい、後日保険証の返却をしました。
特にトラブルなどはなく、すんなりと退職できました。

手続きに不満はない

伝えたその日から退職まで出勤する必要がなくて済んだので、その点は安心できました。

これ以上経験が積めなかったのが悔しい

整形外科の経験を積もうと意気込んで就職したのに、振り返ってみると経験になるというよりトラウマになってしまった気がしています。

もし退職の許可が出たら手続きをスムーズに進めて

退職の意向はどの病院であっても基本的に3ヶ月前に伝えるのが常識と言われています。そんな中での自分の今回の対応は非常識です。もしあなたが退職の意向を伝えてもし許可でたら、相手側の条件に合わせながら、返却物やロッカーの片付けなどで迷惑にならないよう円滑に早く退職手続きをしていく必要があると思います。