総合病院と小さなクリニック

30代/女性
職歴:循環器内科病棟3年/内科診療所5年
私は主人と長男の3人家族で専業主婦をしています。
某看護大学を卒業後、県立病院に就職。3年循環器内科で勤務した後、今後の方向性を考えるべく、ゆっくりするつもりで内科の診療所に就職しました。
しかし、ゆっくりするつもりが、私しか看護師がおらず多忙な日々で、仕事を覚え病院にも地域にもなじむのに必死でした。
そうして慣れたころ結婚が決まり、引っ越し、妊娠に伴い退職しました。
現在はいつ復帰しようか考えているところです。

苦手なことを積極的に

県立病院に就職が決まったものの、配置先の希望はかなわず、遠くなじみのない総合病院に配属されました。部署は循環器内科を主に扱う、内科と放射線科の混合病棟でした。
入職直後より採血が苦手だったため、他の担当患者さんも先輩にお願いして私が採血させてもらっていました。
新人の頃から、不思議と急変患者や緊急入院の受け入れを担当することが多く、先輩から同じ勤務帯になりたくないと言われるほどでした。
当時の教育委員が厳しい方で、たくさんの課題や計画表を作成し、反省会や勉強会など充実した1年でした。

看護師歴で一番楽しかった

新人が同じ病棟に入ってきたのが2年目で、厳しい先輩の目は新人に向くようになり少し気が楽になっていました。
業務にも徐々に慣れ、同期や同僚とご飯を食べたり遊びに行ったりして本当に楽しかったです。

指導を任されて悩むことが増えた

看護3年目で新人のプリセプターになりました。新人教育は想像していた以上の大変さで、4歳ほどしか違わない新人の考え方にジェネレーションギャップを痛感していました。
言ったことを理解してもらえない、前に注意したことを繰り返す。理由を聞くと、本人はそれが正しいと思っているので正す気はないと開き直られることもありました。
ただ、後から思うと彼女は一生懸命だったんだと思います。学生時代は成績優秀、全国模試でも上位だったという彼女を指導することは、並大抵のことではありませんでした。
後輩を指導している自分と、看護師3年目で思い通りの仕事をこなせない自分とのギャップに苦しみ、転職することを決めました。

日々のストレス発散

都会にある内科のクリニックに就職しました。クリニック=のんびりしていると思っていたのですが、看護師は私一人で聞きたいことも誰に聞いたらいいのかわからない状態だったのです。
そして威勢のいい患者さんにお叱りを頂くなど、今までと正反対の生活にかなり戸惑ってしまいました。
この時も新人の頃につまづいた採血でひたすら泣かされていました。診療時間も長く休日も少ない状況で、ただがむしゃらに仕事をし、仕事が終わればすぐにショッピングに出かけたりストレス発散をしどうにか続けられていました。

慣れると楽しい職場

そんな仕事にも少しづつ慣れ、職場のメンバーとも仲良くなりました。多くの飲食店が近くにあったので、仕事帰りにお酒を飲みに行くことが増え楽しくなってきたのが看護師歴5年くらいの頃です。
小さいクリニックだったので、経費のことを考えながら物品を購入したり、医師と意見交換したり自分たちでクリニックを築いている感覚が常にありました。
楽しかったのですがその一方で、やはり総合病院に戻りたい気持ちもあり、揺れ動いていました。
今現在復帰を考えておりますが、どうしようかやはり迷います。